SSRおよびサイリスタのスペシャリスト

よくある質問

1.  ゼロクロスとランダムオン ソリッドステートリレーの違いは何ですか?

ゼロ交差:制御信号がある場合、負荷はAC電圧のゼロ交差点に接続されます。その利点は、電磁ノイズの発生を抑制し、送電網への影響を軽減できることです。一般的な用途にお勧めです。

ランダムオン:制御信号がある場合、負荷はすぐにオンになり(任意のAC電圧)、主に調光および速度調整アプリケーションで使用されます。

 FAQ画像1.jpg


2.  サイクル電圧調整と位相角電圧調整の違いは何ですか?

サイクル電圧調整:電圧調整モジュールはオンまたはオフによって制御され、オン/オフの時間間隔は電力グリッドサイクルの倍数であり、出力電力はデューティサイクルによって調整されます。サイクル電圧レギュレーションの利点は、電力網への影響を低減するために、機械をゼロ交差点でオン/オフできることです。

位相角電圧レギュレーション:出力電圧は、半サイクルごとの導通角を調整することによって制御されます。 

   FAQ画像2.jpg

 

3.  AC負荷制御に関する提案。

AC出力SSRには、ゼロクロッシングとランダムオンの2つのスイッチングモードがあります。いくつかの特別なアプリケーション(例えば、位相天使制御のためにランダムに適用する必要を除いて モードを切り替える)、ゼロクロスSSRは、Lは、抵抗性、容量性のために推奨されている制御ighting  およびs モール誘導負荷を。ランダムオンSSRは、力率が0.8未満の誘導性負荷、 または位相角制御 必要な場合推奨されます場合は任意のがあり 、特別な要件は、ご連絡ください、私たちの ために 、さらに 技術的なサポート。


4.  抵抗負荷の定格電流を計算する方法は?

単相:I = P / 220またはI = P / 380 

三相:I = P Untitled-2_画板1.png/ 380

周囲温度、熱放散、その他の条件を考慮して、抵抗性負荷の場合は、定格電流を正確な負荷電流の1.4〜1.6倍に選択することをお勧めします。

 

5.  モーター負荷の定常電流を計算する方法は?

単相モーター:I = P / 220 / 0.85 

三相モーター: I = P Untitled-2_画板1.png/ 380 / 0.85

モーターがオンになると、サージ電流は定常電流の5〜7倍になり、数秒間持続します。誘導負荷用のソリッドステートリレーを選択する場合は、ディレーティングを考慮し、当社の技術チームに連絡してください。

 

6.過電圧保護に適切なMOVを選択するにはどうすればよいですか?

SSRはさまざまなアプリケーションに使用され、その動作中に過電圧が発生する可能性があります。MOVを使用して出力端子の過渡電圧を抑制し、SSRへの損傷を減らすことができます。適切なMOVを選択するには、まず、イベント中のピーク電圧や電流などの回路条件を決定する必要があります。また、MOVが耐えなければならないサージの数と、アプリケーションで許容される通過電圧も決定する必要があります。

380シリーズAC SSRの過渡過電圧耐性は800Vであり、MOVがなくても220VAC負荷以下で動作できます。

480シリーズAC SSRの過渡過電圧耐性は1200Vで、MOVなしで380VAC負荷以下で動作できます。  

 

7.過電流および短絡保護。

通常のSSRでは過電流保護は設計されていません。SSRを保護するために、高速ヒューズを負荷回路に直列接続することをお勧めします。

 

8. イングレス 保護(IP)保護レベル

通常、IPレーティングには2つ(または3つ)の数値があります。 

固体の物体または材料からの保護 

液体(水)からの保護 

機械的衝撃に対する保護(一般的に省略され、3番目の番号はIEC 60529の一部ではありません) 

例えば、IP20は人体が直接端子に触れるのを防ぐために使用されていますが、防水グレードではありません。

 

9.誘導負荷を制御するDC SSRを保護する方法は?

誘導性負荷がオフのときにDC SSRを電磁界(EMF)から保護するには、負荷に逆並列にフリーホイールダイオードを配置する必要があります。

 

10.リレーがオンになっていないのに、SSRからのリーク電流が発生するのはなぜですか?

SSRがオフになっている間、電力コンポーネントにはインピーダンスがあるため、SSR出力に電圧を印加すると、非常に小さな電流を観測できます。さらに、漏れ電流は、SSRの出力に並列に配置された直列の抵抗とコンデンサであるスナバネットワークによって引き起こされます。このスナバは、リレーを静的および整流dv / dtから保護します。したがって、電力負荷が小さい場合は、RCなしのSSRを選択することをお勧めします。

 

11. SSRを並行して使用できますか?

はい。ただし、AC負荷の最大電流は単一のSSRの最大電流を超えることはできません。並列のDC出力SSRにより、総電流容量を増やすことができます。一般に、AC出力SSRの並列使用は推奨されません。

 

12. SSR出力を直列で使用できますか?

はい、SSR出力を直列に接続すると、出力耐圧が向上します。ただし、複数のSSRを直列に接続すると、SSRの出力電圧降下が大きくなるため、負荷電力が低下する場合があります。

 

13. AC出力SSRをDC負荷に適用できますか?

いいえ。SCRは通常、AC出力SSRの電源スイッチコンポーネントとして使用されます。SCRはゼロクロスポイントの自動閉鎖デバイスであるため、AC負荷の下でのみ機能します。

 

14. SSRでヒートシンクを使用する必要があるのはなぜですか?適切なヒートシンクの作り方

SSRがオンの場合、出力での順方向電圧降下により、SSRは発熱します。熱放散は最大に直接影響するため、SSRの使用において重要な問題です。負荷電流と最大。SSRの許容周囲温度。通常、ユーザーは放熱性能を向上させるために、サーマルパッドまたはシリコングリースでSSRをヒートシンクにしっかりと固定する必要があります。高温動作では、強制空冷も必要です。

式を使用して熱放散を計算できます。 

Tj-た = P * Rja

Tjはジャンクション温度(℃)

Taは周囲温度(℃)

Pは総消費電力(W)

Rjaはコアからパワーデバイスの環境への熱抵抗(℃/ W)

SSRの熱抵抗は、Rja = Rjc + Rcaの2つの部分で構成されます。

Rjcは接合部からケースへの熱抵抗です

Rcaはケースから周囲への熱抵抗

リレーKSI380D25-Lを例にとります。この製品のRjcは約1.7℃/ W、Rcaは約8.5℃/ Wです。最大許容接合部温度は125℃で、消費電力はP = U * Iです。電流が10A以下の場合、製品の電圧降下は約1.1Vです。製品がヒートシンクで動作していない場合、125-た = 1.1 * I *(1.7 + 8.5)。

上記の式によれば、ヒートシンクなしの製品の最大負荷電流は、25℃で8.9A、60℃で5.8Aです。

適切なサイズのヒートシンクを使用するには、負荷電流とリレーがさらされる最大周囲温度の2つを知る必要があります。これらのパラメータを理解し、適切なSSRを編集したら、編集した特定のモデルのデータシートに含まれている熱軽減曲線を使用できます。例:SSR#KSI240D60-L、負荷電流36A、周囲温度60°Cを使用する場合、この例では、データシートに移動して60 Aの熱曲線を見つけます。左側で36Aを見つけ、右側にまっすぐに線を引きます。次に、下部に周囲温度60°Cを見つけ、前の線と交差するまでまっすぐ上に線を引きます。この時点で、ポイントが1.4°C / Wと0.6°C / Wの線の間にあることがわかります。以下のヒートシンクの定格ではリレーを十分に冷却し続けることができないため、常に定格以上の定格を選択してください。したがって、0.6°C / Wサイズのヒートシンクが必要です。

 

FAQ_Drawing board 1コピー2.jpg